• ホーム
  • セルフチェックやがん検診、クラミジアにジスロマック

セルフチェックやがん検診、クラミジアにジスロマック

近年の日本において流行している性感性症としては、クラミジアが増えていると言えます。
クラミジアはおりものが増えたりする症状は現れますが、多くの人に自覚症状はありません。
クラミジアに感染していることを知るのは、がん検診や妊婦検診を受けたときに見つかる人が多いです。
子宮がんについてはセルフチェックをしておくことも大切で、月経不順や不正出血、背中などに神経痛を感じる、性行為において痛みや出血があるなどの症状が現れているときには、病院を受診することがおすすめです。

がん検診などを受けた結果として、クラミジアに感染していることがわかったときには、ジスロマックを服用することが治療します。
ジスロマックは1回あたり1000mgの服用を行なうことで、90%ほどのクラミジアを治療することができます。
1回服用するだけでクラミジアを治療することが可能ですので、必ず病院を受診することが大切になります。
また、クラミジアを治療するにしても、性行為のパートナーも一緒に治療しなければ再び感染してしまうことになります。
クラミジアの治療を受けるには、パートナーと一緒にジスロマックを服用することが大切です。
受診するべき病院の種類は、性病科や泌尿器科、婦人科などとなります。
女性の場合には、症状を放置してしまうことで、子宮外妊娠や不妊症の原因になってしまうことが考えられますので、軽視することなくしっかりと治しておく必要があります。

コンドームを付けずに性行為をしたり、オーラルセックスをすることで感染しやすくなりますので、性行為の際にも避妊具を付けることで性感染症を予防しておくことが重要です。
どうしても病院に行きたくないときには、STDチェッカーを使って検査を受けることや、ネット通販でジスロマックを購入することも可能です。