• ホーム
  • 膿にさわらないよう注意しながらジスロマックを服用

膿にさわらないよう注意しながらジスロマックを服用

多色なカプセルと瓶

感染症というのは、他人の身体との直接的な接触や、くしゃみの飛沫を吸い込んだりすることによって、ウイルスや細菌、真菌などが感染して起きる病気を総称したものであるということができます。
ひとくちに感染症とはいっても、その原因となるようなウイルス、細菌、真菌の種類はひじょうに多いため、症状についてもかなりのバリエーションがあるということができます。
そのため、感染症にかかったのではないかと疑われる場合には、まずは病院や診療所に行くことが大切です。
そのなかでも血液を採取したり、分泌物を採取したりして、原因となっている細菌などを特定する検査をするというのも、また重要なこととなります。

外形的な症状の特徴とこうした検査によって原因が判明すれば、通常はそれにみあった医薬品を処方され、自宅での治療となることが多いといえます。
たとえば、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎といったのどの炎症や、急性気管支炎、肺炎のような呼吸器関係の炎症などの細菌が原因のものに関しては、ジスロマックのような抗生物質の投与を受けるのも有効です。
ジスロマックはマクロライド系抗生物質という種類に属しているもので、服用しても胃酸による影響を受けにくく、体内で一定の濃度を保つことができるため、細菌の増殖を抑制すねにはきわめて適しているといえます。
また、ジスロマックは割と幅広い菌種に対して適応するというところもすぐれていますので、これひとつでさまざまな病気の治療ができるというのも特徴的といえるでしょう。

なお、感染症のなかには、単なる発熱や炎症ではなく、皮膚に水ぶくれのようなものができてて、そこに膿がたまるといった症状を呈するものがあります。
こうした膿のなかで細菌が増殖していることがありますので、不用意にさわらないように注意することが必要です。